光脱毛と永久脱毛のメリットデメリット比較

りんごとお菓子で悩む女性

 

光脱毛は永久脱毛ではありません。

 

せっかく時間とお金をかけて脱毛に通うなら、永久脱毛の方がいいのでしょうか?

 

光脱毛と、永久脱毛であるレーザー脱毛ニードル脱毛、それぞれメリットデメリットがあります。

 

どの脱毛方法がいいのか悩んでいる人に向けて、痛みや効果・料金などをわかりやすく比較してまとめてみました!

2種類の永久脱毛

脱毛のイメージイラスト

 

現在日本で永久脱毛として認められている脱毛は主に2種類。
それが医療クリニックでできるレーザー脱毛と、美容皮膚科などでできるニードル脱毛(電気針脱毛)です。

 

実は、光脱毛はその効果からいうと正式には「脱毛」とも言いません。
便宜上「光脱毛・フラッシュ脱毛」と呼ばれているだけなのです。

 

これは、永久脱毛であるレーザー脱毛と区別させるためです。

 

脱毛
脱毛(だつもう)とは、体毛を意図的に除去することであり、美容あるいは身だしなみの観点から行われる。ワックス脱毛、ニードル脱毛(針脱毛)、レーザー脱毛、脱毛機など各種の方法がある。

出典元:Wikipedia

あまり聞かないニードル脱毛ってどんなもの?

毛抜きとカミソリと鼻毛ハサミ

 

永久脱毛で一番有名なのはレーザー脱毛です。
そもそも、現在は脱毛といえばサロンの光脱毛かクリニックのレーザー脱毛に通う人がほとんどです。

 

しかし10数年前までは、ニードル脱毛(電気針脱毛)は一般的な脱毛法でした。
脱毛の歴史としてはニードル脱毛の方が古いんですね。

 

レーザー脱毛の詳しいしくみについてはこちら⇒レーザー脱毛のパワーはハイリスク?光脱毛との違いとしくみを詳しく解説

 

ニードル脱毛のしくみ

毛根のイラスト

 

電気針脱毛・絶縁針脱毛とも呼ばれるニードル脱毛。
皮膚の毛根に沿って毛穴に直接針を差し入れ、その針に電流を通して毛根を破壊するという脱毛法です。

 

光脱毛やレーザー脱毛と違って、ムダ毛を少しのばしてから施術する必要があります。
また、毛根を破壊された毛はその場で抜け落ちます

 

広範囲やデリケートゾーンをする場合には、麻酔代針代金も必要です。
そのため、他の脱毛方に比べて料金も高くなります

 

ムダ毛1本1本に針を入れるので時間がかかるため、男性のヒゲや他の脱毛で残ってしまった数本を部分的に行う人が多いです。

 

何より激しい痛みを伴うので現在ではあまり人気はありません。

3種類の脱毛方法のメリットとデメリット

3の指

 

これらの3種類の脱毛方法にはどんなメリットデメリットがあるのでしょうか?

 

脱毛を選ぶうえで重要な『痛み』『効果と期間』『料金』ついて、それぞれ比較してみました!

 

比較した脱毛方式

  • 光脱毛(エステ脱毛・フラッシュ脱毛)
  • レーザー脱毛(医療クリニック脱毛)
  • ニードル脱毛(電気針脱毛・絶縁針脱毛)

比較1 痛み

泣いている女性イラスト

 

光脱毛の場合

照射パワーが少ないため、痛みがほとんどありません。
デリケートな部位でも「ピリッとするぐらい」「ひんやりするけど痛くない」という人がほとんど。
評価はです!

 

その分お肌への負担も少なく、施術時に塗布されるジェルにより美肌効果も期待できます。


レーザー脱毛の場合

高出力のレーザー光線による脱毛なので、光脱毛と比べると痛みを感じる人が多いです。
特に「VIOはものすごく痛い」という声もあり、個人差も大きいようです。

 

痛みに耐えられない場合は麻酔を使用してもらえたり、脱毛機器の種類によっては痛くないという声もあります。
というわけで評価は


ニードル脱毛の場合

毛穴1本1本に針を刺して毛根を焼くというニードル脱毛。
考えただけでも痛いのですが、実際経験した人も「何千本もやるのとか絶対無理」「めちゃくちゃ痛い」ということです。

 

施術直後〜翌日ぐらいまでは肌が赤く炎症を起こしたような状態になるので、お肌が弱い人にはお勧めできません。

 

そのため評価は×です。


比較2 効果と期間

目を輝かせている女性イラスト

 

光脱毛の場合

先にもお伝えしたように、光脱毛は永久脱毛としての効果はありません。
もちろん全く変わらないわけではなく、産毛になったり生えている本数がごくわずかになります。

 

もともとムダ毛が濃い人にとっては「カミソリ負けがなくなった」「何週間も自己処理しなくても気にならなくなった」などのメリットがあります。

 

しかし、光脱毛のデメリットとしては長く通わないと効果が薄い所。
レーザー脱毛に比べてパワーが弱い分、より回数が必要になるんです。

 

残念ながら効果と期間に対する評価はです。

 

レーザー脱毛の場合

永久脱毛であるレーザー脱毛は、効果に対する評価は高いです。
高出力レーザーを広範囲に照射することができるので、回数も少なく効率良く永久脱毛ができます。

 

部位や毛の濃さにもよりますが、「3回行っただけでも全然生えなくなった」とはじめてから数回で効果が出ている人も。

 

短い期間で高い脱毛効果が実感できるというわけで、評価は

 

ニードル脱毛の場合

ニードル脱毛はその施術の特性から、効果の速攻性は一番です。
施術した部分の毛はその場ですぐに抜け落ちるので、効果はです。

 

1度行っただけで施術直後〜1か月ほどツルツルの状態を保つことが可能です。

 

その後毛周期の関係で隠れていた毛が生えてきますが、一度ニードル脱毛をした毛は二度と生えてくることはありません。

比較3 料金

お財布を持っている女性イラスト

 

光脱毛の場合

光脱毛の最大の魅力は、なんといってもお手軽な料金です。
わき脱毛やVIO脱毛がワンコインからできてしまう安さは大きなメリットですよね。

 

永久脱毛だと何十万円とかかってしまう全身脱毛も月額1,500円〜できるプランもあります。

 

そこまでお金をかけられない学生さんのための学割や、初回限定パックプランなど、キャンペーンも充実しています。

 

料金の評価は文句なしのです!

 

レーザー脱毛の場合

以前はすごく高いイメージのあったレーザー脱毛ですが、一般化した今ではそこまで割高ではなくなりました。

 

また光脱毛だと回数無制限で〇円と決まってしまっている場合が多いのですが、レーザー脱毛は違います。

 

3回・5回・無制限と分かれていて、金額も大幅に違うので、自分の都合に合わせてチョイスが可能です。

 

わきだけや、VIOだけなど決まった部位をするなら回数次第では効果的に安くできるのがレーザー脱毛の利点ですね。

 

そんなわけで評価はです!

 

ニードル脱毛の場合

ニードル脱毛の料金形態は他の2つとは少し異なります。

 

「○分○円」と時間で料金を区切るところが多く、本数で決まるところもあります。

 

1分250円〜400円程度、1時間で15,000円程度が相場のようです。
これは他の脱毛に比べると非常に高いので、料金評価はです。

 

しかし1本づつの施術のということは、例えばわきに生えている数本だけを脱毛したいのであれば1,000円以下で済む場合もあるということ。

 

脱毛したい部位にどのくらい毛が生えているかによって大きく異なるので注意が必要です。

脱毛方法の選び方

◆比較内容まとめ

 

 

光脱毛

レーザー脱毛

ニードル脱毛

痛み

ほぼ無痛

個人差・部位による差が大きい

×

とても痛い

効果と期間

回数と期間が必要

短期間で効果を実感

確実な即効性

料金

ワンコイン〜ありお手頃

回数・部位による

本数による

おすすめ度

 

まとめ

スキンケアをしている女性イラスト

いかがでしたか?

 

光脱毛VS永久脱毛のレーザー脱毛とニードル脱毛は、それぞれ一長一短。

 

これからエステサロンや医療クリニックでの脱毛を考えているなら

  • 「どの部位をどのくらいまできれいに脱毛したいのか」
  • 「予算はどのくらいか」

などは最低限自分で決めておいてから選ぶようにしたいですね。

 

また、光脱毛と永久脱毛を併用して利用するものもありです。

 

「わきはしっかり永久脱毛ができるレーザーで、それ以外の広範囲な部分は光脱毛で安くする」なども上手な手!

 

一部のエステサロンやクリニックでは「乗り換え割」「脱毛サロン併用割」を行っていることもあります。

 

キャンペーンや部位別プランなども利用して、自分に合った脱毛方法でお得にツルスベ肌を手に入れましょう♪

 

 

>>>エステサロンの光脱毛をしてみようかな?と思う人はこちら
>>>永久脱毛に近いクリニックが良い!という人はこちら